所長の部屋

DIRECTOR’S ROOM

インフォメーションホームレスにならない為に(H12.10)、会社の寿命って何年?(H8.6)

顧問先あてのメッセージが出てきましたので、掲載しておきます。

平成8年(1996年)6月に「会社の寿命って、何年?-顧問先へのメッセージ-」と題したお手紙をさし上げました。
1996年というとウィンドウズ95が出たころです。中小企業がIT技術の取り込みに乗り遅れたら大変なことになる、という危機意識で書いたものです。
その手紙を受けて、「インフォメーションホームレスにならない為に」という手紙を、平成12年10月に全関与先にさし上げました。先の手紙の4年後ですから2000年のことです。
この記事を書いている平成23年は、クラウドの時代。15年前の平成8年にはメールもインターネットも目づらしい時代でしたが、今の企業を見ていると「インフォメーションホームレス」状態の会社があります。
座して何もしないより一歩前に進みましょう。 40才代の後継者が「私はアナログ人間だから駄目なんです。」なんて言っていては駄目なんです。